中性脂肪を下げるには。

質問と回答
  • 中性脂肪を下げるには。 31歳女性、中性脂肪以外の検診項目は良好ですが中性脂肪だけが高いです。 通常値が120~149であるのに対し、今年4月196、今年9月236と半年で40も上がりました。 以前から自分なりに揚げ物を控えたりお茶中心にしたり階段を使ったり気を使っていたのですが。 検診の前々日は昼間は外食でパスタランチセット、夕食は懇親会でイタリアンでパスタや肉やら沢山食べました。 私は仕事の後毎日学校に通っており、土日も一日学校に通っており、帰宅は毎日22~23時です。 そのためお惣菜や外食のみの食生活です。 一日の食生活は下記のような感じです。 朝:ロールパン 昼:コンビニでチキンサラダのサンドとヨーグルト、シーザーサラダとおにぎり、がっつり食べたい時はパスタを買います 週に一回くらい付き合いで外で食べます(カレーライス、天麩羅、パスタなど) おやつ:会社にお菓子が置いてあるので一日平均クッキー2枚くらいの量を食べてしまいます 飲み物:緑茶やストレートティー中心ですがたまにスポーツ飲料や微糖コーヒーを飲んでしまいます 夜:学校に行く前にコンビニで温野菜サラダとロールパン、BLTサンドやレタスハムサンドとヨーグルトなどを買います 土日の夜はコンビニではなくデパ地下でお弁当(ガパオライス、なるべく揚げ物が入っていない和食系弁当)を買っています 夜食22時すぎ:夜食はやめたほうがいいと思っているのですが、 夕飯後21時や21時半まで勉強をするので疲れてしまうので食べてしまいます 良くないのはわかっていますがゼリーやプリン、キャベツ太郎などのスナック菓子のミニ袋、 お腹が空いている時はピザまんを食べてしまうこともあります お酒:月に2~3杯しか飲みません 自分で改善しようと思うところは、おやつを断つ、スポーツ飲料や微糖コーヒーを断つ、夜食はところてんにする、 なのですが他に何かいい方法はありますでしょうか。
  • 中性脂肪(トリグリセロイド)は、 三つの脂肪酸とトリグリセロールという物質が結びついたもので、 血中の中性脂肪は主に食べ物から摂った脂肪分のうちの、 常温から体温くらいの温度で溶けるタイプの脂が消化されて、 小腸から吸収され、血中に流れているものです。 脂っこいものを食べで数時間経てば、 血中の中性脂肪数値は増えます。 中性脂肪は全身のエネルギー源として、 生命維持に使われる大事な物ですが、 沢山摂り過ぎて使いきれなかった中性脂肪は、 肝臓の脂肪や皮下脂肪などとして蓄積されます。 肝臓や皮下に溜まった脂肪は、 空腹なのに食事が出来ない時などに、 必要に応じて血中に流されエネルギーになります。 150以上の高い数値が出た場合、 脂質や糖質の多い食事をして数時間後という可能性もありますが、 高い数値が続く場合、脂質異常症(高脂血症)の可能性があります。 運動不足などで消化できず皮下や肝臓に溜まった脂肪を、 必要以上に血中に中性脂肪として流してしまう代謝異常で、 血管が傷つきやすくなり、動脈硬化などにつながります。 脂質異常症は中性脂肪の数値が高くなりすぎる症状なので、 動脈硬化などにならないようにするため、 数値を下げる薬を飲んで治療をしながら、 併せて食事や運動も改善する必要があります。 他の数値は良好ということですが、 肥満で中性脂肪が高いと脂肪肝の可能性があります。 脂肪肝が悪化すると肝硬変になり、 さらに放っておくと肝臓がんになることがあります。 脂肪肝程度だとほぼ自覚症状は無く、 疲れやすいのは太っているからだろう、 太っているから、運動不足なのだろうと思っているうちに、 肝臓はどんどん悪くなっていきます。 まずは食事内容の見直しと、 毎日続けられるウォーキングなどの運動の両面で、 生活改善をやってみてください。 二、三か月改善してみて、もし行けるようでしたら、 病院に行って血液検査をしてもらい、 数値が良くなっているようでしたら続けてみてください。 あまり効果が無いようでしたら、 脂質異常症の治療が必要かどうか、医師と相談してください。 おだいじに。