高血圧や狭心症の治療に用いる 血圧を下げる薬は飲み合わせ・…

質問と回答
  • 高血圧や狭心症の治療に用いる 血圧を下げる薬は飲み合わせ・食べ合わせで、 「グレープフルーツジュース」 は飲まないほうがよいと 記載されていましたが 柑橘の文旦やデコポン等はどうなのでしょうか?
  • 血圧を下げる薬のひとつである「カルシウム拮抗薬」を服用中には、食べない方が良い柑橘類などがあります。 グレープフルーツなどに含まれる「フラノクマリン」という物質が、薬を体内で分解する酵素の働きを邪魔するため、薬剤が体内にいつまでも残ってしまい、思わぬ副作用を起こすことがあるためです。 グレープフルーツ(白・赤)、スウィーティ、晩白柚ざぼん、文旦(ボンタン、ポメロなど)だいだい(サワーオレンジ、ビターオレンジ)夏みかん、甘夏、ライム、きんかん、ざくろ、ブラックマルベリー(桑の実)、山ぶどう、ブラックラズベリー ※オレンジマーマレードは文旦やだいだいを原料にしていることがあります。