赤味噌と白味噌、皆さんはどちらが好きですか?(^O^) ■赤味…

質問と回答
  • 赤味噌と白味噌、皆さんはどちらが好きですか?(^O^) ■赤味噌のメリット 朝、一日のスタートに 赤味噌の味噌汁は朝食にいいと言われます。含まれる成分を見ていきましょう。 まずは赤色の素である「メラノイジン」。活性酸素を除去するほか、腸内を刺激して代謝をアップさせます。「ペプチド」は中性脂肪を減らし、抗酸化作用、代謝アップの効果が。そして摂り過ぎ注意と言われる「イソフラボン」。赤味噌には発酵によって性質が変化したイソフラボンが含まれるため、安心して摂れます。コレステロールを下げる「サボニン」も発酵によって吸収されやすくなっています。 赤味噌はアンチエイジング効果やダイエット効果も期待できます。代謝アップにより身体が目覚め、血糖値の上昇も抑えられるので、爽やかな朝のスタートにもってこいです。 ■白味噌のメリット リラックスしたい夜に こちらは抑制系とでもいいましょうか。白味噌の味噌汁は夜にいいと言われます。 白味噌に含まれる「GABA」は脳の興奮を抑える神経伝達物質。イライラや不眠を和らげ、ストレス軽減やリラックス効果があります。脳の興奮状態によって引き起こされる「過食」を抑える効果も期待できるため、ダイエットにも有効で、そういう意味でも夜に摂るとよいでしょう。 また、白味噌は乳酸菌も豊富です。白味噌スプーン1杯にはヨーグルト100gと同量の乳酸菌が含まれますので、継続的に摂る事で腸内環境の改善も期待できます。 栄養価は赤味噌の方が高いのですが、塩分も白味噌の約2倍なので、上手に使い分けるのが良さそうですね(^-^; 私は普段、合わせ味噌を使っています(笑)
  • 私は、お味噌の赤か、白かはお料理により使い分けたり、 合わせます。 色のみで味噌を決めることはしません。 味噌の種類で、味や、香りや、コクや、甘味や、旨みや、塩分や、まろみを使い分けます。 例えば、米味噌では、信州味噌のキレが好みですが、具材や、その日のお料理によっても、白にしたり、赤にしたり合わせます。 信州味噌=白いと思う方が多いですが、両方ありますよ。 米味噌は、淡色の場合、一般に煮大豆を用いますが、 赤みのかなり濃い米味噌は蒸し大豆を用いています。 (米麹が多く使用される味噌ほど熟成期間が短く済む傾向もあり、スーパーなどで買えるものの大半は、即嬢味噌といって、風味に乏しい、大量生産方式のものです。) 麦味噌は生産量の11%ほどを占め、九州、中国地方西部、四国西部では主に麦の白味噌が造られ、北関東では、 大麦を使った赤味噌が造られています。 豆味噌は蒸し大豆(或は煮大豆)と豆麹を用い、米の赤味噌よりも熟成期間が長いので、 その色は米の赤味噌よりもさらに赤みが強く黒味を帯びた濃い赤茶色です。黒に見えますけど(笑) 米味噌や麦味噌に比べて甘味が少なく、渋味がありうまみが強いのが、大きな特徴です。 豆味噌では、八丁味噌が代表的ですけど、八丁味噌は赤味噌に分類されますが、 米味噌の赤味噌とはまるっきり味が違います。 麦味噌の九州方面の白味噌と、米味噌の関西の西京味噌(米麹を多く使用)の白味噌も、 まるっきり違う風味ですよ。 ですので、ご質問に対しては、 信州味噌の白味噌と赤味噌が好きです。という回答になってしまいます。 結局答えになっていなくってごめんなさい。 あと合わせ味噌を使わず、お料理に合わせ、味噌も配合し、あわせて使っています。 ・・・めんどくさいこだわり人間みたいな答えになっちゃった!(゜ロ゜) す、すみません・・・。